Back to Top

お問い合わせはこちらから

☎ 03-3371-3002

農薬登記

新農薬は、原薬(有効成分)と製剤(製品)に分け各々農薬登記しなければなりません。
登記申請には、中国農業農村部に環境毒性、ラベル及び他国での登録状況等の種々のデータの提出が求められ、製剤登記には田地薬効試験が必要です。
申請農薬の内容により、準備する資料、実施する試験等が異なり、個別登記毎のカスタムメードなサービスになります。

弊社では今までの実績からお客様によりご満足頂けるご提案を実現しております。

〇農薬登記申請資料
 
1、製品の化学、毒性学、薬効、残留、環境影響等の試験報告およびリスク評価
 
2、農薬製品の品質標準および検測方法
 
3、ラベルまたは説明書のサンプル
 
4、登記に関連するその他の証明書類
 
5、製品のSDS
 
6、申請表、申請者に関する証明書類、申請者声明、参考文献等

*安全性、安定性等の原因により使用時に指定助剤を添加する農薬製品は、当該助剤を添加した農薬サンプルを登記試験資料として提出しなければならりません。

  農薬登記証申請後、農業農村部での審査は約1か年必要です。

 

〇登記申請フロー

 

〇コンサルタントの主たる業務
 
(1) 現行の適用法規に基づき申請者の所有するデータの不足部分を分析する。
 
(2) 登記取得までに見込まれる費用の積算、及び作業工程表の作成。
 
(3) 試験実施用農薬サンプルの通関幇助並びに封印及び試験機関への送付。
 
(4) 必要とされる各種試験の手配及び試験実施期間中のスーパーバイズ
(試験プロトコルの作成、必要に応じ試験場訪問手配・随行を含む。)
 
(5) 登記申請書添付資料の取り纏め及びチェック
 
(6) 登記申請書の提出(英文試験報告の中文サマリー作成を含む。)
 
(7) 登記機関との連絡(登記機関からの質問等問合せの申請者への取次及び回答が必要な場合は、申請者と協議の上、回答の作成、)等等